不動産の豆知識

不動産の買取や売却に役立つ知識をご紹介します。

岐阜・愛知の不動産売却はミタカ不動産不動産の豆知識 不動産購入のポイント

2015.03.01(Sun)土地運用

不動産購入のポイント

こんにちは
不動産購入って人生で一番の大きな買い物!
だからこそ納得のいく購入をしたいですよね!
だけど、不動産の事よくわからないし、いったいどんな流れで買うの?費用って土地代金以外にどれくらいかかるの?と、思われる方きっと多いんじゃないでしょうか。
そこで今日は不動産を購入するまでの流れについて説明したいと思います!

1.お気に入りの物件を探す!


不動産選びのポイントは次回!詳しく説明します!

2.物件を実際見てみる


物件を見るポイントはこちらの記事で紹介しています!

3.物件が見つかったら買付申込(買付証明)を出す。


これはいわば、予約申し込みの事です!
※この時融資を受けて不動産を購入される予定の方は金融機関に下記の4点を持って持って相談に行きましょう!

・物件資料
・登記簿謄本
・不動産購入計算書(概算取得費)
・源泉徴収
源泉徴収以外は不動産屋が出してくれます!

4.契約


さあ遂に契約です!
不動産の契約は不動産会社の事務所で行います。
持ち物は
・手付金
・印鑑

※融資を利用して不動産を購入する方は契約後、契約書を持って銀行に行き、融資の本申し込みをしましょう!

5.決済、お引き渡し


不動産購入、最後の手続きとなりました。

◯当日の持ち物は、
・銀行印、通帳(銀行口座にお金を入れておきましょう)
・実印(所有権移転登記手続きの書類の捺印の際に必要です)
・住民票 
・印鑑証明(融資を受ける場合必要になります)

◯所有権引き渡しは同時履行の関係にあります。
※これが同時でないとトラブルの元になるからです
例えば、所有権だけ先に引き渡してお金を後日だと、物は渡したのにお金が払われない!!なんてトラブルに発展する可能性がありますし、
逆にお金を先に払って、所有権を後日ですと、お金を支払ったのに、自分の物にならない!!なんてトラブルに発展する可能性があるからです。

前置きが長くなりましたが当日の流れは下記の通りです。
1.司法書士が本人確認、所有権移転の必要書類、委任状等、引き渡しに必要手続きを致します。
2. 所有権移転の書類準備が整いましたら、金銭の支払いを行います。ここでは不動産の支払い以外に下記の支払いもこのタイミングで行います。
・手付金を引いた不動産の残代金
・固定資産税清算金の支払い
・不動産の仲介手数料
・所有権移転費用(司法書士への手数料の支払い)
・その他諸費用の支払い
3.決済終了

これで不動産購入までの一連の手続きは終了です。支払いは基本口座間で行われますので、何千万というお金が目の前に出てくるケースはありません。
ですから、以外とあっけなく感じられる方も多々いらっしゃいますが、これで不動産があなたの物となります。
登記手続きに時間を要するため登記識別情報通知(いわゆる権利証)が2週間ほどで自宅に届き登記完了です!

いかがでしたでしょうか。
イレギュラーなケースもございますが、これが不動産取得までの流れとなります。
参考にして頂ければ幸いでございます。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
ミタカ不動産はいつでも、迅速・丁寧な対応に努めています。

お電話でのお問い合わせ
058-246-4770
FAXでのお問い合わせ
058-246-4770
WEBからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

記事一覧へ戻る

岐阜・名古屋の不動産売却ならミタカ不動産 |
Copyright © ミタカ不動産 All Rights Reserved.